こんにちは桑原です。

元広島カープ丸選手のFAの人的補償は長野選手に決まりましたね。
すごいニュースですが、それより気になるニュースがあったので、それについて掘り下げていこうと思います。

まずはこちらをご覧ください。
ZOZOの前澤社長のツイートです。

ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。応募方法は、僕をフォローいただいた上、このツイートをRTするだけ。受付は1/7まで。当選者には僕から直接DMします! #月に行くならお年玉 https://t.co/cKQfPPbOI3

すごいニュースですね。
個人で1億円のお年玉をプレゼントとは!
僕はこのお年玉の課税関係が気になったので考えてみました。

まずもらった人について考えてみます。
通常お年玉をもらうと、一般的には、贈与税は課税されないことなると思います。
もしも高額のお年玉をもらった場合には、社会通念上相当でないとみなされる場合があり課税される恐れ等がありますので、税理士に相談しましょう。

今回のケースは一見贈与税の課税対象にみえます。他方でお年玉という名目ですが、ツイートをリツイートしなければ応募できない等の条件があるので、贈与という概念ではなく、当たった人は懸賞に応募して懸賞金をもらったという考え方もあります。

そうであるならば懸賞金収入として所得税の課税対象となり、一時所得として課税されます。一時所得は特別控除額が50万円ありますが、今回は100万円のお年玉ということで50万円を超えて所得が発生するため原則として所得税の確定申告が必要となります。

また一時所得はこの場合、次の算式により計算されます。
(100万円-50万円)×1/2=25万円
この25万円が給料等のもうけと合算されて課税されます。
所得税は超過累進税率で稼げば稼いだほど税率が高くなります。
給料が高い人だと最大45%の税率なので、このお年玉に関する所得税は11万円ほどになります。

また払った前澤社長についても考えてみます。
普通お年玉を個人が払ったとしても、税金を減額できる経費にはなりません。
今回はこの支出が広告宣伝費や販売奨励費になるかどうかという議論があると思います。
実際このツイートは世界最多リツート数を記録しており、広告宣伝効果をかなり大きいと思います。
ただツイートを見ると、「僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。」とあるので、個人の支出となると考えられます。
これがZOZOが支払ったものであれば広告宣伝費等の経費になる可能性もありますが、個人の財布から出ているため、個人が何らかの事業を行っていないと所得税法上、考慮されない支出となります。

ツイートを元に考えてみました。
いかがでしたでしょうか?

SkyWalkについて、気になった方は是非公式ウェブサイトもご覧ください。
https://skywalktax.jp/

(桑原圭吾)